コクリコ坂から オープンフォーラムレポート

オープンフォーラム ジブリの君へ

横浜市主催のイベント 2012共創オープンフォーラム、

「映画『コクリコ坂から』は、横浜に何をもたらしたのか」

に出席してきました。

 

ちなみに共創オープンフォーラムとは、

民間と行政の登壇者が社会的な課題について対話し、
新たなアイデアや解決策を見出していく場。
横浜市の公民連携の取組を広く周知する場にもなっています。

とゆうことで、結構かしこまった感じの場です。
子連れで行く人なんか絶対いないだろうな。。と思いつつ、予約が取れたのでお邪魔してきました!

 

会場案内

オープンフォーラム3

配布された コクリコ坂からヨコハマガイドと共創カルチェラタン

300名収容の会場は、スーツ姿で満席。

たまに、市民意識の高そうなお姉さま方がチラホラ。

やはり、ベビーカー押して来ている輩なんか私だけでした(爆。

でも、会場スタッフの方の対応がすごく丁寧で、救われました。子連れとか、マジか??て顔されると思っていたので。。

息子氏がグズるんで着くのがちょっと遅れてしまいましたが、会場に入ると、ちょうど今回のお目当ての

前スタジオジブリ広報部長 西岡純一氏の講演が始まるところでした。

 

コクリコ坂からオープンフォーラム

西岡純一氏の講演の様子

西岡純一氏は

「崖の上のポニョ」、「借りぐらしのアリエッティ」、「コクリコ坂から」などなど、たくさんのジブリ作品の広報を担当されています。

特に、前作の「借りぐらしのアリエッティ」では

「アリエッティ日記」と題して、制作段階からビデオブログを

毎日!

なんと毎日upするとゆう

ものすごいことをやっていた方です。

当時の様子↓↓


見た事のないキャラクターの姿 #267

そんな西岡氏、講演のなかで

「コクリコ坂から」の

制作エピソードや作品の世界観について触れ、舞台設定を横浜とした理由として、

宮崎監督が脚本にするにあたって、港町といえば横浜だろう、ということだったのですが

息子の吾朗監督曰く

宮崎駿監督(若い頃の)の思い出がイロイロあるからだろう、

ということでもありました。

裏話?的なこともいろいろ聞けておもしろかったです。

オープンフォーラムの様子は

インターネットで生中継され、

USTREAMで今のところ視聴可能です。

※現在は視聴可能期間終了しました

 

 

さて、今回のオープンフォーラムでのお楽しみは、

映画「コクリコ坂から」の原画(複製)と

映画に登場する新聞、「週刊カルチェラタン」の展示コーナーです。

コクリコ坂から共創フォーラム

コクリコ坂から共創フォーラム

週間カルチェラタン全7点。

コクリコ坂から共創フォーラム

原画は8点、氷川丸や旧桜木町駅など、横浜に縁が深いものが展示されていました。

「週刊カルチェラタン」は、7点すべてがそろうという、

コクリコ坂ファンにはかなり嬉しい特典でした。

でも去年、私はこの「週刊カルチェラタン」を拝むために夏の暑い中、港の見える丘の西洋館に何度も何度も足を運び、汗ダラダラでめぐったのですが

その努力はなんだったのだろう。。と

エアコンの効いた快適な室内でふと思いました。ま、いいか!!

原画のほうは、去年 横浜開港資料館で開催された

「横浜ノスタルジア 昭和30年頃の街角」

で展示されていたものと、ほぼ同じだったと思います。

でも、何度見てもイイですね。

共創フォーラム

そして極めつけ!不用意に壁に飾られていたのは

映画「コクリコ坂から」のポスター(右)と

書き下ろし第二弾ポスター(左)のそろいぶみです!

この2枚も、一緒に見られることが中々なかったのでけっこう貴重でした。

写真に納めて満足したとろで、そろそろ息子が昼寝から起きそうな時間。。

フォーラムが始まってからずっと、ベビーカーの中で寝ててくれたのです。。

おかげでフォーラム楽しめた!ありがとう息子~!!

君の図太い昼寝精神なしに、今回のフォーラム出席はありえなかったよ。。

ということで感謝の気持ちを込めて、帰りにみなとみらいのアンパンマンミュージアムに寄って遊んで帰ったのでした~。

 

共創オープンフォーラム、

「映画『コクリコ坂から』は、横浜に何をもたらしたのか」

3月27日(火) パシフィコ横浜会議センター5Fにて

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました