56kg

158センチ58キロからのダイエット日記

温活を制すものはダイエットを制す!40代は冷え対策をしっかりやります

数年前に爆発的に流行ったUGGのムートンブーツ、今年も履いています。 でも幼稚園の送り迎えに行くと、幼稚園ママは誰も履いていないです。もうみんな違う流行に乗っている模様。 なんで?こんなにあったかいのに。 40代ダイエッターとしては、とにかく冷えは大敵です。 体を冷やさないことを中心に考えて日々過ごしています。 ムートンブーツ最高。これがあるから子供の外遊びにもどうにか対応できます。 もう私の冬は、ムートンブーツがないとやっていけません。
158センチ58キロからのダイエット日記

ほんとうは運動して痩せたい

体を動かすのは嫌いではありません。本当は運動しながらダイエットしたいです。 理由は、運動した方が効率良く痩せられるからです。 もし食事制限だけで痩せられたとしても、痩せた体はたぶん、おしりダルダルだし二の腕もダルダルです。 なんか、、ダルダルになるためにダイエットしているわけではないので、できれば運動して体を引き締めながらキレイに痩せていきたいです。
158センチ58キロからのダイエット日記

体重56キロの食事量ってどれくらい?普段食べている量を画像で紹介

体重56キロのダイエッターです。 運動せずに目標体重の54キロを目指しています。 普段56キロの人がどれくらい食べているか、とゆうのを画像で紹介します。 お恥ずかしいですが、普段食ている物の記録です。
158センチ58キロからのダイエット日記

モツ煮はダイエットの味方

モツはタンパク質と野菜たっぷり。 トロトロに煮ても、ある程度咀嚼する必要があります。 噛む回数が増えれば満腹感が得られて食べ過ぎることもありません。 定番の味噌味に飽きたら、トマトを加えたりキムチ味にしたり、意外に味変の応用もきくので飽きずに楽しめるダイエットの味方です。
158センチ58キロからのダイエット日記

家族に「私太ってるかな?」って聞いてみた

幼稚園児の次男から 「なんでダイエットしてるの?」 と聞かれました。 私だけ食事が別メニューなので、ダイエットしているのは家族にバレバレです。 なんでって、、その時は自分でもなんで痩せたいんだっけ?って思って、すぐに答えられませんでした。 その後で痩せたい理由をよくよく考えたら、 もう若さも無いし特に顔が可愛いとかじゃないのに、40歳も過ぎてこんなみっともない体してて、せめて見た目くらい人並みになりたいな。みたいな、人目を気にした消極的な理由でした。
158センチ58キロからのダイエット日記

旦那さんの実家から帰ってきました

3年くらい前に、 「お寿司には唐揚げが合うよ!」 とゆう無邪気な発想でお寿司&唐揚げをやってみました。そしたら目茶目茶おいしくて、以来正月はお寿司と言ったら唐揚げがセットで付いてくるシステムになっています。 3年前に安易な発想を実行した私に色々言ってやりたいです。 お寿司に唐揚げが合うのは当たり前なんだよ。 皆分かってるけど、やらないんだよ。やったらこんな体になるって皆わかってるんだよ。。
158センチ58キロからのダイエット日記

緩やかに体重が上昇中です

今までは、夜はローストビーフとか刺身とか蟹とかチーズフォンデュだったので、低糖質のものを中心に気を付けて食べていたんですが、寿司は糖質と脂が合体しているんですよね。。 お寿司大大大好きです。食べないとゆう選択肢は無いので、もう今日は食べちゃおうと思います。
158センチ58キロからのダイエット日記

ポッチャリでつらいこと|158センチ58キロからのダイエット

なんとゆうか、太ってしまうと、思考が油でコーティングされてしまいます。 痩せたいなーとゆう願望は常にあるのですが、 痩せよう!とゆう行動には移らないんです。 まだ大丈夫。みたいな変な自信がどこかにあるんですよね。 ちょっと太ったけど、体型隠しすれば誤魔化せるし。 それに、私が本気出せば、たぶんすぐ痩せられるし。 なんとかなるわー。 とか悠長に構えていたら、本気出す時が来てしまった。
158センチ58キロからのダイエット日記

56キロ台に突入?嬉しい!|158センチ58キロからのダイエット

ゆで卵はお守りとして、いつも冷蔵庫に。 ゆる糖質制限ダイエット始めてから、卵の消費量がすごいです。 昼・夜は白米を食べない分、お腹を満たすためにゆで卵とか。おやつに食べたりとか。 マヨネーズもタップリつけます。 ゆる糖質制限ダイエットの場合は、マヨはOK、OKです!糖質低いから(あくまでも私のルールですが)。 なんとなく物足りないときとか、口寂しいときは ヘタにお菓子に手を出すより、ゆで卵の方が満腹感が得られる気がします。 卵の殻を剥いてるときに、爆発してる食欲がちょっと落ち着きますし。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました