ジブリ映画「コクリコ坂から」実在するのに映画には登場していないお店がある?

コクリコ坂からに登場するお店 ジブリの君へ

ジブリの青春映画「コクリコ坂から」。
舞台設定が1963年の横浜となっていて、モデルとなった場所や実在するお店なども多数存在します。

その中でも、実在するお店なのですが、登場の仕方がトリッキーなお店がありました。

映画に登場するのに、実際には映画に登場していないんです。

どうゆうこと?

とゆうことで状況をまとめてみました!

スポンサーリンク

「コクリコ坂から」実在するけど、実際には登場していないお店

実在するお店で、映画「コクリコ坂から」に登場するのは、洋食器の
タカラダ
とゆうお店です。

実際の店舗は横浜の元町商店街にあります。明治創業のテーブルウェア専門店で、主に洋食器を取り扱ってらっしゃいます。

コクリコ坂からに登場するお店

こちらのお店、確かにコクリコ坂からの中に存在しているのですが、お店自体は劇中には描かれていません。

じゃあ、どうやって登場してるの?とゆうことになりますが。。

映画の中で、主人公の高校生、海ちゃんが路面電車に乗るシーンがあります。その路面電車の側部広告に登場しているんです。

路面電車の広告に宝田と書いてある

おわかりいただけますでしょうか?クリーム色の路面電車の側面広告に「宝田」とゆう文字が見えます。

コクリコ坂からに登場したお店

タカラダ元町本店のショーウインドウでも、「コクリコ坂から」に登場したことを紹介していました。

実際の店舗は出さずに、映画の中に存在させるなんて面白い手法だな。。なんて思っていたのですが、理由がありました。

こちらのお店の社長さんは、映画の舞台設定の1963年当時、主人公の海ちゃんや俊君と同じで横浜の高校生だったとゆうことで、映画製作の際は取材に協力されたそうなんです。

そんなご縁があって、映画の中に登場したのでしょう。宮崎吾朗監督の粋な計らいですかね。

こんな感じの裏設定を知ってから映画を観ると、また違った面白さがあるかもしれません。
横浜に遊びに来たら、「コクリコ坂から」の聖地巡礼に元町のタカラダを加えるのも良いかも知れませんね!

横浜元町 タカラダ|テーブルウェア専門店
横浜・元町のタカラダは、1882年(明治15年)創業のテーブルウェア専門店。 オリジナル洋食器をはじめ国内外メーカーのテーブルウェア、インテリア、アンティーク品などを取り揃えています。 また、専用窯、専用工房では創業以来培ってきた技術で、オリジナルの洋食器や高品質のオーダーメイドの製品を製作しております。

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました